top of page

お世話になりました。


今年、引退されたミッシェル・ロラン氏

歴史に残る醸造コンサルタントの方で

す。


以前、お世話になったインポーターの社長さんとフランスでお会いした時、同じタイプのワインを好きな人は、外観も似てるなと思いました。(笑)


また、インポーターさんで営業をしている頃は、トークでお世話になりました。


濃いワインは、ワインの新時代を造り

当然味わいもしっかり・・・

果実の甘みも凝縮し、樽熟成の

リッチ感ともマッチングし

人気はうなぎ登り!


そんなワインの中でも

「これ、ミッシエル・ロラン、プロデュースですよ!」

と添えると、外さない安心感か?

「じゃあ 1ケース」と酒屋さんやレストランさんに

容易に買っていただけたものでした。(笑)


このワインもそんな時代の大人気ワインでした。でした?

終わってませんが・・・


ちなみに上位クラスのワインにあの方の100点評価もあり

今でも、完売が続く人気ワインです。


今回は、難しい年 2011年

色合いも、すこし薄めで、熟成からの

赤褐色ながら、香りをバンバン放っております。


熟成は1年樽と2年樽で12カ月以上

しっかりと香りの中の基幹を果たし

メルローの熟成したプラムやキノコ

木の皮の香りを甘く包みます。


タンニンはそれほど強くなく、

滑らか、


果実味と酸味がバランスよく

ローストした赤身のお肉と是非の

食中ワインに仕上がっています!






閲覧数:79回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page