top of page

こんなに違うとは・・・

昔々薄くて、「フルーティなのが取り柄のワインだったよ」と


生産者の方から聞いたことがあった。


それを濃くて果実味甘く濃厚に

変えた生産者は、

瞬く間に世界のトレンドの

ワイナリーになった。


そんな中、木樽で5年も寝かし、

スタンダードな

ワインを果実味やわらかにして

リリースする生産者も居ました。


しかし、また

こんなに違うとはと思う

同じワインに出会いました。


山岳部で、新古典主義の

マシャレリさんを思わせる

1997年創業のワイナリー


香りをかいだ瞬間・・・

ただものでないクリアーで

エレガントな香り


濃いベリーや黒いオリーブ

タンニンがしっかりと全体覆い

その後に果実の甘みがポツンと

現れます。


有機栽培、天然酵母、足踏み、

木の大樽発酵槽


羊肉を食べながら、

口に含めば微笑んでしまう

なんとも大人なワインでした。






閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page