ローヌ 白 ビオデナミ 

更新日:2020年5月17日

昨日の暑さとは一転、 涼しい風が吹いています。

気温は、24℃ 赤かなと思いつつ 濃いめの白を開けよう と思います。

濃いめの白? 気候の温暖な地域で 美味しい白・・・

南フランス コート デュ ローヌ の白ワイン

温暖な気候で白ワインが少ない地域ですが グルナッシュ ブランやルーサンヌ、 マルサンヌ、クレレット、ヴィオニエなどから

あんずや梨、蜂蜜のような香りの しっかりとした味わいの 白ワインがあります。

本日ご紹介のケラーヌ ブランは、 この地域での ビオロジックの先駆者


20年以上前このワインが大好きで 多くのレストランにご紹介していたころ お客様から

「今回のロット酸化してた!」と  連絡がありました? 「1本ですか?」とお聞きすると 「2本とも」とのこと

はじめてお使いいただいたのではなく 継続頂いていてヴィンテージも同じ・・・

信頼できるソムリエの方で

はて?


伺って確認させて頂くと 確かに色も黄金色が濃く・・・ テイスティングしてみると 酸化熟成のニアンスがあるが 心地良いのです。


以前、南仏のレストランで 飲ませて頂いた、 エルミタージュの白を 思い出しました。


自然な熟成のイメージ

そして、この生産者の ワインがデリケートな ことを感じました。


クール輸送も 始まったばかりのころ

ビオデナミもカテゴライズ されていなかったと思います。


その生産者のワインを どう扱うか、 お客様にどのように 喜んで頂くかしか 考えませんでした。

酸化熟成を感じる

ローヌの白ワインは ホタテやオマールのポワレ とてもよく合います。

マリアージュで理解いただきました。


是非、コート デュ ローヌ 白の逸品をお試しください。

今は、熟成してません。(笑)

少し苦味を感じる

筍の天ぷらも面白いです。


ご発注はこちら→






閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示