飲んじゃいました。


トロ ボーさんの2018

飲んじゃいました。


濃いです。

酸もあるのですが、それが閉じ込められるほどの

ボリュームがあります。


香りも、当然力強いブラックチェリーの

濃縮ジュースのよう


開けた直後は、ピノ・ノワールが見つからずシラーのような赤い花や濃いベリー


以前トロ ボーさんの

アロース コルトンを頂いた時は

より酸があり、クラシカルな

イメージ・・・


香りには、酸を感じるプラムの

イメージもありますが

飲むと甘い果実のボリュームに

圧倒されます。


アメリカのピノ・ノワールを連想したりして・・・


アルコール度も14.5%


しかし真ん中には、梅干しの種のような

まったく開かない物体が鎮座しているイメージ・・・まだ早し


これが溶けて開いてきたら・・・


濃いめの、ピノがお好きな方

お薦めです。


楽しいな、ブルゴーニュ!


商品の詳細はこちら→


インスタの方は、プロフィールから

HPの今月のおすすめのトップをご覧ください。


#ブルゴーニュルージュトロボー2018

#ショレイレボーヌ有名生産者

#カーヴドサンシビリテ

#セレクトワインショップ

#ソムリエエクセレントが選ぶ

#外さないワイン

#美味しいワインをセレクト

#価格より味

#ビオワイン

#ワインの知識

#ワインのこぼれ話

#売切れ必須

#フランスで売れてるワイン

#現地で本当に人気のワイン

#ドメーヌトロボー



閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示