top of page
2.5haの自社畑で有機栽培された葡萄から造られています。石灰岩質土壌、標高240m。収穫は手摘みで行います。アルコール発酵前に、8度でスキンコンタクトを8〜12時間行います。アルコール発酵は水平横長発酵タンクで16度にコントロールしながら12〜14日間行います。発酵後、12時間澱と共に寝かせます。白い花を思わせる華やかな香り、クリーンでピュアな果実味、フレッシュでとてもバランスのよい味わいです。複雑でミネラル感が美しいテロワールを表現した味となっています。酸もしっかりとあります。 
アゴスティーニのアドバイスを受けながら、集約があり、果実も綺麗でとてもリッチなスタイルを目指しています。一番に考えたのは、クリーンな味わい、二番目は、香りの強さ。口に含んだ時のインパクトです。

トレッビアーノ ダブルッツォ スペリオーレ 2022 バローネ・コルナッキア【白】Gv:トレッビアーノ  数知れぬトレッビアーノの中でも素朴で料理に寄り添う逸品

SKU: 3043
¥1,870 通常価格
¥1,683セール価格
色、味わい: 白 辛口
  • 「100%コッリーネ テラマーネ D.O.C.G.の指定区域から」コルナッキア家が所有する畑は全てモンテプルチャーノ ダブルッツォ コッリーネ テラマーネD.O.C.G.に指定された区域に入っています。アブルッツオ州全体からD.O.C.G.に認定されたエリアは、北部の丘陵地のみ。このことからもコルナッキア家の所有する畑がとても良いことが分かります。また、コルナッキア家がD.O.C.G.に申請するのは、所有する60~62haの内、最良の5haのみです。「世代交代による改革で、伝統的なアイデンティティを残しつつ、高いエレガンスを追求」  ピエロ コルナッキアから、カテリーナとフィリッポへと世代交代をして、ワイン造りにさまざまな改革が行われました。主な変更点は、①赤ワインは、温度管理して、マセラシオンの期間を長くした。またデレスタージュにより、タンニンがエレガントで滑らかになった。②ロータリーファーメンターを導入した。内部にプロペラが付いており、マストをゆっくり回し、常に果帽をワインと接触させる。白はスキンコンタクトに使用。③コンサルタントのアゴスティーニのアドバイスで、全ての工程で厳しい手順を決める。タンクや樽からの分析をより多く行い、それぞれに合ったブレンドする。④新しい密閉式のプレス機、フィルターシステムやボトリングラインを導入。
bottom of page