top of page

手摘みのブドウを ステンレスタンクで10~15日、23~25℃で発酵。フレンチオークで6ヶ月間熟成。自然農法。強烈な太陽による赤い果実味の凝縮と軽やかさが両立したエレガントな仕上がり。滑らかなタンニンでスムースな口当たり。肉、野菜以外にもエイのムニエルやマグロなど魚類とも楽しめます。

フェウディ ディ グアニャーノ サリーチェ サレンティーノ 2020【赤】Gv:ネグロアマーロ、マルヴァジア・ネーラ よく熟した果実の旨みと心地良い樽の香り

SKU: 3370
¥2,860 Regular Price
¥2,431Sale Price
色、味わい: 赤 ミディアムボディ
Out of Stock
  • フェウディ・ディ・グアニャーノはサレント半島北部のグアニャーノ村でジャンヴィート氏を中心として5人の起業家によって2002年に誕生しました。現在の栽培面積は約30haで年間の総生産量は約200,000本です。彼らの企業時からのコンセプトは常にシンプルで一貫しています。それはガウニャーノ村近辺で世代交代が進まずに耕作放棄されてしまったネグロアマーロ種の畑を復活させ救うことです。昔のソレント半島の方言で葡萄畑が集まっている場所を「fieu」といったそうですが、それがフェウディの名称のルーツとなります。 畑では限りなく自然に近い農法で葡萄を栽培します。土壌は牡蠣殻の化石がゴロゴロしていて鉄分を多く含む為に、赤い色をした粘土石灰質になります。ポピーなどの雑草が茂る葡萄の樹の下をよく見ると、イチゴやトマト、カボチャなどの見慣れた果物や野菜が見受けられます。昔から貧しかったプーリアでは、このように様々な果実や野菜を混植することがよくあったそうです。 醸造は100年以上の歴史がある共同組合の醸造所の一角を借りて、発酵は基本的に伝統的なセメントタンクで行います。

bottom of page