top of page

このスタンダードなブルゴーニュ・シャルドネも、お膝元であるシャサーニュ・モンラッシェ村の区画から。このクラスのワインにとしては抜群のミネラルが感じられ、きれいな酸味と充実した果実味のバランスに優れる。

ブルゴーニュ シャルドネ 2021 ブリュノ・コラン 【白】Gv:シャルドネ シャサーニュ モンラッシェ村のブドウでミネラルも果実味もしっかり

SKU: 2770
¥6,600 Regular Price
¥5,940Sale Price
色、味わい: 白 辛口
  • ドメーヌ・ミシェル・コラン・ドレジェのミシェル・コランが2003年に引退し、ふたりの息子、フィリップとブリュノはそれぞれ独立。
    次男のブリュノは当初、父ミシェルの自宅敷地内にある旧醸造施設でワイン造りをしていたが、2006年以降は祖父の自宅カーヴを使用するようになり、スペースが増えた結果、1年を越える18ヶ月の樽熟成が可能となった。

    ブリュノが所有するブドウ畑は計8haほどで、兄フィリップと同じく、地元のシャサーニュ・モンラッシェのほか、ピュリニー・モンラッシェやサントーバン、サンネイ、マランジュなどコート・ド・ボーヌ南部のアペラシオンに広がる。
    ただし、シャサーニュの1級畑だけでもブランショ・ドゥシュ、ブードリオット、ショーメ、シュヌヴォット、マルトロワ、モルジョ、アン・レミリィ、ヴェルジェと8つも所有し、兄よりも俄然シャサーニュにフォーカスしたドメーヌといえるだろう。

    白ワインの醸造法は、兄や父と同じく、発酵のきっかけを温度管理の容易なステンレスタンクで始め、発酵が中盤となったところで樽に移すというもの。新樽率は村名で20%、1級で20〜30%だ。
    赤は収穫したブドウを100%除梗し、キュヴェゾンは12〜15日ほど。ピジャージュは行わず、ルモンタージュのみで抽出し、12ヶ月間の樽熟成。その後、さらにステンレスタンクで6ヶ月寝かせてから瓶詰めする。

    ブリュノのワインはミネラル感の強いフィリップのものよりむしろ果実味重視。
    より若いうちからとっつきやすく、長く寝かせる余裕のない家庭やレストランで重宝するワインを造っている。

     

bottom of page