top of page

根本的に・・・

2014年か・・・

白は良い年・・・

赤は酸が強いのが多いけど・・・


違うって?

はい、カルフォルニアです。


もう根本的にずれてる。


R・Pさんの

ヴィンテージチャート見て・・・


へー

ノースコーストの

葡萄品種別に載ってる・・・

凄い新鮮・・・(笑)


2014年 ピノ・ノワール 良い年だ。


香りに黒いチェリーや黒スグリ

樽のローストした香りが結構しっかり



それがアルコールに包まれ

タンニンもしっかり、力強い


口に含んだ時の甘く力強いイメージと

鼻に抜ける、繊細な果実味の

バランスが面白く、楽しくなる。


多分、若いと力強さに圧倒されて

この果実の繊細な香りは、楽しめないのかも・・・


カルフォルニアワイン初心者ですが

力強いながら楽しくなる

とても素敵なワインでした。


デミグラスソース、アメリカのステーキソース、ビーフシチュー

テールス-プ、焼き鳥のたれ、鰻、ジンギスカン・・・・


疑問・・・

バックシールには、「甘いバニラのオークの香り・・・」

と書いてあるのに、テクニカルには

ステンレス発酵、ステンレス熟成・・・?


私も樽は感じるのですが・・・調べます。








閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Комментарии


bottom of page