top of page

収穫年:2022 年 100%(買いブドウ)
醸造:手摘みで収穫したブドウを完全に除梗して破砕。野生酵母のみでグラスウールのタンクで温度管理を行わずに自発的に発酵。マセラシオンは 1 日 1 回のルモンタージュで 15日間。圧搾後、引き続き自発的なマロ発酵と熟成。無清澄・無濾過で瓶詰め。SO2 は瓶詰め時に必要最最小限のみ添加。
2022 年の収穫日はブローコルもデュラスも 9 月 5 日。アルコール度数 13 度。総生産量500 本。2024 年 3 月時点の SO2 トータルは 17mg/l。
ヨアン自身のコメント:
キュヴェ名の『En Attendant la pluie オナタンドン・ラ・プリュイ』とは、フランス語で「雨が降るのを待ちながら」という意味です。2022 年は非常に乾燥した年で、ベト病などの病害は殆ど発生しませんでした。しかし、成熟期に水不足によりブドウの生育がブロックされてしまいました。このため、雨が降るのを待っている間、誰もが収穫をするのを止めていた 2 週間がありました。しかし、私はこの「雨が降るのを待っている間」に、このキュヴェのブドウを収穫しました。
文字通り「雨を待ちながら」醸造したのがこのキュヴェであることから、このように命名しました。
ブローコルという品種は、早めに収穫すると、カベルネに似ていて、やや青さが感じられますが、私は、その青さも魅力であると思っています。果実味主体の赤ワインですが、よくありがちなマセラシオン・カルボニックで造られたヴァン・ド・ソワフとは違います。喜びのワインであり、シリアスなワインでもあります。

オナタンドン・ラ・プリュイ 2022 ラ・ボンヌ・ピヨッシュ 【赤】品種:ブローコル70%、デュラス 30% 軽やかで素朴なブドウ感

SKU: 22221
¥3,960 通常価格
¥3,564セール価格
色、味わい: 赤 ミディアムボディ
  • La Bonne Pioche ラ・ボンヌ・ピヨッシュはフランスのシュッド・ウエストの Andillac アンディックに Yohann Rougier ヨアン・ルジエによって 2019 年に設立されたドメーヌです。1986 年生まれのヨアンは、妻の Amy エイミーがアメリカ人だったこともあり、当初はアメリカに住んでいました。アメリカのワインショップでソムリエとして働いていたヨアンは、その間に、フランス、アメリカ、そして世界各国のワイン、あらゆる品種のワイン、工業的ワインからアーティザナルなワイン、ナチュラルワインに至るまで様々なワインを試飲して、発見する機会に恵まれました。
    その時に、知人を通して、ブルゴーニュでナチュラルワインを造っているクリストフ・サンティニと知り合いました。彼からフランスで何が起こっているのかを教えてもらったといいます。テロワールに誇りを持ちながら、AOC を必ずしも崇拝しないヴィニュロン達、化学物質を一切使わないワイン造りは不可能だと言われてきたにもかかわらず、驚くべき方法で遂にそれをやってのけたヴィニュロン達。多くのヴィニュロンが様々なアプローチでナチュラルワイン造りをし、人々
    はそこで歴史を作っているということを知ったのです。そのことを妻に話すと、エイミーは「わかった。フランスでワインを造ってみよう!」と言ってくれたそうです。そして、その数カ月後には二
    人はフランスに引っ越しをしていました。フランスに戻ったヨアンは、ブドウ畑を探して、ロワールやラングドックなどのワイン産地を回りました。

    しかし、最終的に自分の育った地方であるガイヤックに住むことに決めました。10 代の頃のヨハンはガイヤックという産地がどんなものか知らず、イメージも良くありませんでした。しかし、
    ガイヤックでは、辛口の白ワインから甘口まで、プリムールワインから熟成用の赤ワイン、酸化的ワインまで、ほとんど全てのスタイルのワインが造られています。また、今は世界中でペット・ナットがもてはやされていいますが、ガイヤックでは昔からペット・ナットが造られていました。
    さらに、ヨアンはガイヤックの地場品種がどれも個性的であることにも強く引き付けられました。例えば、デュラスはシラーよりも芳醇なペッパーのアロマを備え、モーザックにはリンゴや洋梨の味わいがはっきりと感じ取れます。ヨアンにとってガイヤックは「隠れた宝石」だったのです。
    こうして、2019 年にガイヤック近郊の村アンディヤックに定住したヨアンは、耕作放棄地だった 1ha のブドウ畑を譲り受け、モーザックと Braucol ブロコル(マルシアックではフェル・セルヴァドゥと呼ばれる赤ブドウ品種)を栽培。ナチュラルワイン造りを始めたのです。最初の 3年間は、ドメーヌの仕事と並行して、同じガイヤックのナチュラルワインのドメーヌ、カンタローズで働いていました。カンタローズとは現在も親交があり、ワイン造りについての意見交換を頻繁にしています。また、ミネルヴォワのル・プティ・ドメーヌ・ド・ジミオとも家族ぐるみで交流があり、一緒に食事しながらワイン造りについての見解を語り合う仲だそうです。

    ヨアンもエイミーも、ヴィニュロンの家系の出身ではありません。しかし、二人とも生活を楽しむ家族の出身でした。人が食べるものが土地と密接に関係していることは明らかです。忘れてしまいがちですが、ワインは何よりも農産物です。そして、ワインも「生きてい
    るもの」でなければなりません。ワインは畑で造られます。そのためにはブドウ木と一緒に仕事をすることが何よりも大切です。また、ヨアンはヴィニュロンの役割は、土壌を枯渇させないこと、そして生物多様性を活性化することであると考えています。なぜなら、そうすることで畝の間に沢山の花や昆虫が集まってきます。ブドウ木の代わりに花やハーブ、果物、生け垣、木を茂らせることは収量の点からはバカバカしいことですが、そのおかげで、多種多様な花が咲き、様々な虫が集まり、豊かな自然の香りが感じられます。多様性は至るところに存在しています。ブドウに付着する酵母も生きています。それは私達にとっても美しいことですし、心を和ませてくれます。
    二人はビオロジックで殆ど全ての農作業を手作業で行っています。ブドウ畑での作業は難しく、時間がかかります。農薬を使わないということは、畑作業に多くの時間を費やすことになります。反復的で、近道をしたくなる状況が沢山あります。しかし、ブドウ木のバランスを
    保つためには、1 枚の葉が他の全ての葉よりも優先されるということを受け入れることはできません。実際、病害を制御するのは非常に困難です。化学殺虫剤を使用して、生命を破壊するという簡単で楽な方法を取りたくなるかもしれません。しかし、土壌を生かす唯一の解決策「つるはし」です。ヨハンは、この「つるはし」との親密な関係がとても気に入っています。
    シンプルな道具ですが、多くのことを象徴しています。ハードですが公正な仕事との関係。そして、農薬を使うような近道をすることは解決策ではないことを毎日自分に言い聞かせていたいのだそうです。

    そのようなことから、ドメーヌの名前を『La Bonne Pioche ラ・ボンヌ・ピヨッシュ』と名付けました。ピヨッシュとはフランス語で「つるはし」のことです。ラ・ボンヌ・ピヨッシュと言うと「正しい
    選択、賢明な選択」を意味する慣用句になります。ヨアンは、このような小規模な家族経営の農場こそが持続可能な農業であると考えています。性別に関係なく全ての人にとって持続可能であること。私達が尊厳と節度を持って仕事から生計を立てることができるように、そして、これからもワインが全ての人の飲み物であり続けるために、可能な限り介入を少なくするように努めています。
    ヨアンは標準化されたワインにうんざりしていました。クラシックなものや、居心地の良い場所から抜け出して、ちょっと変わったワインを消費者に提供したいと考えていました。そこで、自身の感性のおもむくまま、そしてブドウが自発的にどうなりたいかに寄り添ってワイン造りをしています。ヨアンはワインを自分の子供のようなものと感じています。学校では子供に全てを管理し、修正することを教えます。しかし、ヨハンは父親の役割は、子供(ブドウ)がどうなりたいかを教えるのではなく、子供(ブドウ)が自発的にどうなりたいかに寄り添っていくことであると考えているのです。彼の目標は透明性、そして何も加えない純粋なジューズからナチュラルワインを造ることです。土着酵母で醸造し、無清澄・無濾過、そして可能な限り亜硫酸をゼロに近づけること。添加する場合には、必要最低限の量であり、その他の醸造添加物は一切使いません。

bottom of page