top of page
「リパッソ」とは、「元に戻す」という意味です。2度発酵させるのが特徴で、1回目は通常の収穫後、10月に行います。2回目は、2~3月に、アマローネの搾りかすにと一緒にして、再び発酵を行います。アマローネの力強さとアロマをワインに与え、通常の作り方では到達出来ないレベルに高めることが出来ます。アルコール分も最低1%上がります。60軒の契約農家があり、毎年様々な場所にある畑からの葡萄を使っています。30hLのフレンチオークの大樽(毎年買い足すので新樽も混ざる)で1年熟成させています。手間がかかる割に手頃で、この価格で買える最もコストパフォーマンスの高いワインといえます。やや濃い紫がかったルビー色、すみれの花や甘いプルーンのような香り、果実味が豊かで、爽やかで心地よい余韻が長く続きます。一般的に出回っている軽く、若いうちに飲まなければならないヴァルポリチェッラとは全く違い、たくましい飲みごたえがあります。パスタや牛肉、仔牛肉、チーズに良く合います。「カンポリエティ」とは「条件の良い畑」という意味で付けた名前です。アメリカン航空がビジネスクラスに採用したこともあります。熟成が可能で、「5~6年目位が好き」とジャンマリアは話していました。

ヴァルポリチェッラ クラッシコ スペリオーレ カンポリエティ リパッソ2019 ルイジ リゲッティ【赤】コルヴィーナ、ロンディネッラ、他

SKU: 3178
¥2,420 通常価格
¥2,178セール価格
色、味わい: 赤 フルボディ
  • カンティーナは、ヴァルポリチェッラ クラッシコの中心に位置するマラーノ ディ ヴァルポリチェッラの小さな地区、ヴァルガタラにあります。借りている畑は、6村周辺の様々な場所や向きにあるため、それぞれの天候の違いが大きく、ある畑が悪くても他が良いという風に、天候不順のリスクを回避し、品質の安定を保つことが出来ます。95歳になった父ルイジは、足腰は弱っているが頭はしっかりしており、ワイン造りの相談にのってくれます。記憶力が良く、過去の作柄を聞くとすぐ答えてくれます。「1965年の収穫は〇月〇日だった」。 1997年にヴィニタリィのヴァルポリチェッラ生産者組合のブースへ行き、20種類以上のいろいろな生産者のワインを試しましたが、良いと思ったワインのほとんどが、法外とも言える高い価格でした。私どもは、ほぼあきらめかけた気持ちで、ヴィニタリィに出展していない、このルイジ リゲッティを訪問いたしました。その結果は…、トップクラスのヴァルポリチェッラの生産者と同レベルの品質で、価格は2~3割安い これらのワインを私どもがご紹介させていただくことでお分かりいただけるでしょう。
bottom of page